小さな家のヲタ暮らし

シンプルライフを目指すゆるヲタの日々

ライブ始めは打首獄門同好会

今年のライブ始めは大好きな打首獄門同好会のライブ。岡崎体育とのツーマンです。

f:id:pikority:20180109184124j:image

打首獄門同好会とは生活密着型ラウドロックバンドです。

名前と曲はすごいですが歌詞がものすごくゆるいです。そのギャップがたまりません。

私は打首さん本命なので先行で申し込んで取りました。

ゲスト発表後の一般販売ではすぐに売り切れてしまったようですね。当日、開場後に確認後、少し当日券が出たと聞いています。

 

 

去年のRSR(ライジングサンロックフェスティバル)では他と被って諦めた岡崎体育を初めて見れました!とにかく歌もMCも面白かったです。

「1月誕生日の人―」で手を挙げたらそのまま1月誕生日の人だけ踊らされたり(笑)。

ウォール・オブ・デス(観客が左右に分かれてから衝突するモッシュ)ならぬ「ウォーク・オブ・デス」に初めて参加したのも思い出になりました!二手に分かれて、歩いて元の場所に戻るだけなのでとても安全(笑)。

 

打首さんはRSR以来。新年に北海道に来てくれて本当に嬉しい。相変わらず北海道愛に溢れてて更に嬉しい。

打首さんの魅力は覚えやすくて楽しい曲かつ、スクリーンに映像と歌詞が出るので初心者でも参加しやすいところだと思います。

私も今回でまだ2回目なのですが、一緒に歌ったり踊ったり、思いっきり楽しみました。

ファンの年齢層も幅広いです。恐らく50代の方もいたんじゃないでしょうか。小さい子だと小学生くらいの子を見かけました。親子参戦してる方がちらほら。楽しそうでいいですよね。

男女比も(ツーマンなので両方のファンがいますが)半々くらいに感じました。

こういう偏ってないところも、気になってるからライブ行ってみようかな、と気軽に思えるのでいいなと思います。

 

簡単にセットリストを紹介しますと、

魚→肉→きのこたけのこ→ダイエット→ラーメン二郎→もつ鍋→新生姜→うまい棒→歯→米→どうでしょう

アンコールで 布団→風呂

です。

1曲も聞いたことない方には「?」かもしれません。魚の歌や肉の歌ということです(笑)。

 

「島国DNA(魚の歌)」ではフロアに投げ込まれたマグロにタッチできました。念願です。

途中で(岡崎体育の「感情のピクセル」からの)「ワニさんも仲間に入れてあげてー!」でワニ投入!この流れは最高でした。

何を言っているの?という方もいらっしゃると思います。下の動画をご覧ください。こういうことです。

twitter.com

「きのこたけのこ戦争」では安全じゃないウォール・オブ・デスを(笑)。この曲はコレが楽しいんですよね~。

左右できのこ軍とたけのこ軍に分かれるんですが、今回私は、たけのこ軍でした(笑)。


打首獄門同好会「きのこたけのこ戦争」

北海道でのライブなので、今回も最後には「1/6の夢旅人水曜どうでしょうの歌)」を歌ってくれました。

アンコールでは期待通り新曲(布団の歌)を。この曲同意しかなくてほんと好きです(笑)。


打首獄門同好会「布団の中から出たくない」

最後の最後は大好きな「フローネル(風呂の歌)」でした。


打首獄門同好会「フローネル」

 

ライブ後は一緒に参戦した友人と晩ご飯がてら軽く呑んでから帰宅、「フローネル」のように計画通り風呂入って速攻寝ました(笑)。

しばらくはこの満足感と幸福感で楽しく生きていけそうです。

 

ちなみに打首さんにだけ敬称がついているのは、「さん」がないと物騒な単語になってしまうからです(笑)。ご了承ください。

 

長くなったので、持ち物については次の記事に。

 

nukosama.hatenablog.jp